今後の活動内容

【和の日】

 

和は、日本の心を作る、平和を意味します

毎年10月1日は神無月の初日で、
日本中の神様が出雲に集まって人々の平和を祈ってくれます。
そんな有難い日に、我々も応えなければなりません。

10月1日を、日本の和の精神(調和、感謝、助け合い、譲り合い)をもって、
一人一人が、一つでもいいから、小さなことでもいいから、
争いごとの種をなくす日にしましょう。
人に感謝し、自然に感謝し、調和を重んじ、
日本が世界に誇れる和の文化をもう一度再構築しましょう。

10月1日の和の日が、もっとも日本人らしい日になった時、
世界の平和に貢献できる日本が誕生するでしょう。

 

公益財団法人地球友の会が、2017年7月20日付で 日本記念日協会 http://www.kinenbi.gr.jp/ に「和の日」を登録しました。

 

 

【和の日】
公益財団法人地球友の会が制定。
日本の文化、伝統を見つめなおし、調和、感謝、助け合い、譲り合いといった
「和の精神」を広めることが目的。
日付は10と1を「101」として
人(1)と人(1)が和(輪=0)で結ばれる形であることと、
神様が出雲に集まって平和について語り合う月(神無月=10月)の
最初の日との意味から。
多くの人々がこの日にお互いの幸せを祈り、
和解する日にとの願いが込められている。

【和の日実行委員会】

世界中に「平和の日」という記念日は、たくさんあります。
しかし、ゆるしあい、仲直りする日があるのは、
この「和の日」を持つ日本だけです。

文化が違っても、宗教が違っても、人種が違っても、
誰一人平和を望んでいない人はいません。
世界平和は、人類の究極の願いといってもいいでしょう。

長い人類の歴史において、世界平和を目指し、
数多くの権力者が数多くの戦争を起こしてきました。

しかし、かつて世界平和を達成した人物はいませんでした。
力で平和を実現するのは不可能なのです。

平和とは、一人一人が「和の心」で結ばれる以外に
実現することはできません。

世界中の人々がこの「和の心」さえ持つことができれば、
世界から争いや戦争はなくなるでしょう。

そのことは「和の文化」を築き上げた日本人が一番よく知っています。

日本で「和の日」が広がり、さらに日本から世界に広がっていった時、
この人類の究極の願いは初めて叶えられることでしょう。

そして、この理念のもとに、私たちは「和の日実行委員会」を設立しました。

毎年10月1日・和の日に、和の伝統文化の発信や
フォーラムなどのイベントを行ってまいります。

志を同じくし、趣旨に賛同される皆様とともに、
私たちは世界中が「和の日」祝う時が来るまで、
この活動を広めていきたいと思います。

 

国連環境計画(UNEP) 一般社団法人日本UNEP協会
UNEP日本語情報サイト